ショウジョウバエ入門






はじめに


ショウジョウバエとはショウジョウバエ科の動物の総称です。この「ショウジョウバエ入門」では、ショウジョウバエのなかでも、とくにモデル生物として利用されているキイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)について取り上げます。上記のメニューは、はじめから順に読んでいくと理解しやすく設計されています。これからショウジョウバエの実験に従事する方は、全ての項目を読んでおくことを推奨します。もちろん、趣味でショウジョウバエを飼いたいひとにも役立つでしょう。ショウジョウバエの論文を読むための基礎知識だけなら、「核型と性差」から「バランサー染色体」までで事足ります。



ショウジョウバエの名前


ショウジョウバエの「ショウジョウ」は猩猩の意で、赤眼とアルコール(発酵物)に誘引される性質にちなんだ命名といわれています(千野と吉川 1934, 森脇 1979)。キイロショウジョウバエの学名は Drosophila melanogaster です。属名のDrosophilaは「露を好む」を意味します(千野と吉川 1934)。種小名である melanogaster は黒い腹を意味します。一本の論文中では、初登場のときに Drosophila melanogaster と書いて、それ以降は D. melanogaster と略記していることがあります。学名は活字英文中で識別しやすいように、イタリック体か斜体で表記する慣習があります。手書きの場合には書体の区別がつきづらいので下線を引き、Drosophila melanogaster のように識別を強化します。このとき属名と種小名の間で下線を切ります。英語の文章では、ショウジョウバエ科(Drosophilidae)やミバエ科(Tephritidae)の動物を fruitfly (fruit fly) と表現していることがあります。

補足説明として、亜種(subspecies)まで表記されている場合を見てみましょう。Drosophila pseudoobscura という種には、bogotana という亜種がいます(Ayala and Dobzhansky (1974))。これは、Drosophila pseudoobscura ssp. bogotana または Drosophila pseudoobscura bogotana のように書きます。先に挙げた論文では、略記するときに D. p. bogotana というパターンをとっています。ちなみに、属まで同定できて、種は決定できなかったときはDrosophila sp. となります。

参考文献
千野光茂 吉川秀男 1934. 猩々蝿の遺傳と實驗法. pp. 5-6.養賢堂
森脇大五郎 1979. ショウジョウバエの遺伝実習 (初版). p. 1. 培風館
Ayala and Dobzhansky 1974. A New Subspecies of Drosophila pseudoobscura (Diptera, Drosophilidae). The Pan-Pacific Entomologist 503:211-219.
※キイロショウジョウバエの「キイロ」の由来については調査中です。(私が伝聞した説に「成虫の精巣が黄色くなるから」というものがありましたが、そのように書いてある文献は見つからず、真偽の程は定かではありません。)